2018年最新ルンバ種類比較!機種ごとの違いと選び方まとめ

 

ロボット掃除機の代名詞ルンバ

いざ購入しようと思っても機種の種類が多すぎて何を基準にどうルンバを選んでよいのかわかりにくいですよね。

ルンバは安いものでも3万円以上と高額なため失敗したくない!という思いは当然だと思います。

 

また、最新の機種だと10万以上と価格帯が非常に広いため、とにかく安いものを選ぶというのも機能が少ないんじゃないかと少し不安になってしまいますよね。

そこで今回は、機種・種類ごとにどういう機能があって何ができるのかを比較して、ルンバを選ぶ基準についてご紹介します。

ルンバ870の評判・購入レビューと875との違いを比較

2018.05.29

 

ルンバ機種比較:種類毎の違いをまとめてみた

 

ルンバを購入しようと思ったときに思うことは、『機種・種類がたくさんあるけれど何が違うの?』ということですよね。

使わない機能がついた高級なルンバを買っても意味はありませんし、逆に安いものを選んで欲しいと思っていた便利な機能がついていないということになれば購入した代金がまるまる無駄になってしまいかねません。

 

当然ですが、ルンバは高い種類ほど高機能で安い種類ほど機能が少ないです。

自分が求めている機能が考えている予算内の価格帯にあるかを見てみましょう。

 

ルンバシリーズの種類・機能と性能

現在販売されているルンバは、大きく分類して600・800・900シリーズの3種類。

大雑把にいうと、600シリーズは基本性能のみ、800・900シリーズは性能アップ&機能追加という感じです。

自分のライフスタイルに合ったルンバを選ぶためにも、まずは基本性能の備わった600シリーズから押さえていきましょう。

※500・700シリーズはすでに廃盤となっています。

 

ルンバ600シリーズ(予算:33,000円~)

 

600シリーズはルンバの中でも手頃な価格帯で、エントリーモデルといえる位置づけです。

 

エントリーモデルとはいってもルンバの特徴でもある高性能な人工知能をしっかりと搭載しています。

部屋の形状、広さ、汚れ具合などを学習・判断し、これらの情報を高速応答プロセス「iAdapt(R)(アイ・アダプト)」が瞬時に的確な動作に反映させるため、障害物の多い部屋でもしっかりと学習して効率的に掃除をしてくれますよ。

 

ルンバ600シリーズの特徴

・掃除終了後ホームベース(充電器)に戻り自動で充電

・リモコンでラジコン操作

・進入禁止エリアを設定可能(バーチャルウォール)

・本体重量:約3.7kg

・充電時間:約3時間

・最大稼働時間:90~120分

・最大稼働面積:25畳

 

備わっている機能もルンバの基本機能という感じで、とりあえずルンバが欲しいという方におすすめの種類ですね。

 

ルンバが一生懸命掃除をした後にホームベース(充電器)によちよちと戻っていく様子は愛嬌があって癒されます。

付属のリモコンを使うことで気になっている場所のみ掃除することもできますし、ラジコン的な遊び方をすることができるので地味に楽しめますよ。

 

ルンバ800シリーズ(予算:45,000円~)

 

800シリーズは現在発売されているルンバの上位機種に位置しており、ルンバ600シリーズの機能に加えて次のような特徴があります。

 

ルンバ800シリーズの特徴

・ブラシからローラーに改良され、毛の絡まりを防止

・吸引力が5倍以上(600シリーズ比)

・掃除スケジュール機能追加

・本体重量:約3.8kg

・充電時間:約3時間

・最大稼働時間:90~120分

・最大稼働面積:25畳

 

エントリーモデルの600シリーズではゴミを吸い取るのがブラシで、ペットの毛などが絡まったりと手入れの必要がありました。

ルンバ800シリーズではブラシからローラーに改良されたことで、吸引力が格段に高まり、ペットの抜け毛も問題なくキレイに掃除できるようになっています。

掃除の手間を極力減らしたいという方やペットを飼っているという方は600シリーズよりも800シリーズ以上の種類を選ぶほうが良いでしょう。

ルンバ870の評判・購入レビューと875との違いを比較

2018.05.29

 

犬や猫を上に乗せる犬ルンバ・猫ルンバも可能です。

 

 

ルンバ900シリーズ(予算:80,000円~)

 

900シリーズは現在発売されているルンバの中でも最上位機種にあたり、800シリーズの機能に加えて次のような特徴があります。

 

ルンバ900シリーズの特徴

・吸引力が10倍以上(600シリーズ比)

・稼働面積が112畳に拡大

・本体にカメラを搭載し効率的に掃除が可能

・iRobot HOME アプリに対応

・本体重量:約3.9kg

・充電時間:約3時間

・最大稼働時間:90~120分

・最大稼働面積:25畳

 

上位機種のルンバ800シリーズと比べてさらに吸引力が高まっただけでなく、掃除できる広さが112畳(800シリーズは25畳)まで広がっています。(正直庶民には必要のない機能ですね・・・)

こちらの種類でもっとも特徴的なのが、本体にカメラが搭載されたことで、視覚的な情報を駆使してより効率的な清掃が可能となっています。

そして、iRobot HOME アプリを利用することでどこからでもルンバと接続し、遠隔操作やスケジュール設定ができるようになっているという特徴があります。

 

まさにお金持ちのためのルンバという感じですね。

 

 

ルンバの選び方とおすすめの種類・機種

タイプ別にルンバの選び方と最適なルンバをご紹介します。

 

広い家に住んでいるお金持ちの方

 

広い家に住んでいるお金持ちの方におすすめなのがルンバ900シリーズです。

 

 

ルンバ800シリーズでは25畳までの広さにしか対応しておらず、25畳以上の部屋では思うように稼働させることが難しいという状況で登場した900シリーズ。

広い部屋でも問題なく掃除ができるようになっただけでなく、ルンバシリーズでも最も高い吸引力とカメラを利用した無駄のない動きで部屋をみるみる内にキレイにしてくれます。

 

ペットを飼っている方

 

ペットを飼っている方におすすめなのがルンバ800シリーズです。

 

 

600シリーズでもペットの毛を集められないわけではありませんが、毛が絡んで清掃能力がさがってしまい、こまめな手入れが必要になってしまいます。

800シリーズでは改良されたローラーによってガンガン部屋の抜け毛を集めてキレイにしてくれますよ。

せっかくロボット掃除機を導入して家の掃除を楽にしようとしているのですから、600シリーズと比べて少々値段は上がりますが、800シリーズを選ぶのがベストな選択といえるでしょう。

ルンバ870の評判・購入レビューと875との違いを比較

2018.05.29

 

思う存分ルンバ犬・ルンバ猫をやってみましょう。

 

低予算でルンバが欲しい方

 

低予算でルンバが欲しいという方におすすめなのがルンバ600シリーズです。

 

 

普通の人が想像するルンバの機能をすべて兼ね備えており、かつ現在販売されているルンバシリーズの中では最も安い部類に入るため、コストを抑えつつルンバが欲しいという方にピッタリなシリーズです。

 

以上、ルンバの機種比較でした。ぜひルンバ選びの参考にしてみてください。

参考:アイロボット ルンバ