HSPとは?敏感すぎる特徴・診断テストとおすすめ本10選!

 

  • 他人の言動や視線に敏感に反応しすぎてしまう
  • 人が怒っているのをみると強く影響されてしまう
  • 生活の中に1人の時間が必要だ

 

などなど、日常の生活で違和感を覚えたり、人と違うかも・・・と悩んでいるあなたはもしかするとHSPなのかもしれません。

そこで今回は、HSPとはどういう人なのか、その特徴と診断するためのテスト、HSPの人におすすめな本をご紹介します。

 

HSPとは?敏感すぎるその特徴

 

HSPとは、一般的な人よりも敏感・繊細な感覚を持つ人のことです。

人口の15~20%の人が該当すると考えられています。5人に1人がHSPというとかなり多い印象を受けますね。

 

ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは、カール・ユングの造語で言えば生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。共通して見られる特徴として、大きな音、眩しい光・蛍光灯、強い匂いのような刺激に対して敏感であることが挙げられる。HSPはしばしば、豊かで複雑な内的生活を送っているという自覚をもっている。物事に対して容易に驚き、短い時間にたくさんのことを成し遂げるよう要求されると混乱するという性質を持つ。

(引用:ハイリー・センシティブ・パーソン Wikipedia

 

他人の顔色や声・刺激に強く反応してしまうなど発達障害と誤解されやすいHSPですが、その敏感さは決して病気や障害ではなく、生まれ持った能力です。

敏感な感性を持つHSPの人は共感能力が高く、人の気持ちを察知したり、深く感情移入して寄り添うことができるという強みを持っています。

さらに詳しい特徴には次のものがあげられます。

 

HSPの特徴

1.一度に多くの情報を吸収できる

2.音やにおいなどの微細な違いも察知できる

3.ゆっくり、深く多角的に考えられる

4.とても慎重で、危機管理能力が高い

5.共感力が高く、気配り上手

6.誠実で、責任感がある

7.想像力が豊かで、内的生活が充実している

 

ほかの人と比べて繊細な感性を持っているため、情報収集が得意だったり、感動しやすく、精神的に満たされやすいなどの特徴がありますが、一言であらわすと、良い意味でも悪い意味でも外からの影響を受けやすいと言えるでしょう。

生きづらさを感じてしまっている人は、敏感・繊細すぎるHSPの能力が悪く働いてしまっているというわけですね。

 

HSP診断テストであなたの敏感・繊細さの度合いがわかる

HSPとは 診断 本

 

もしかして自分はHSPかも?という方は、これから紹介するHSP診断テストでチェックして見てください。

すべて、はい・いいえで答えられる問題で、当てはまるものが多ければ多いほどHSPである可能性が高まります。

 

HSP診断テスト(はい・いいえでお答えください)

・美しい音楽を聞くと、興奮する

・日々、どんな失敗が起こりうるか予測して対応策を考えることに、多くの労力を費やしている

・新たな可能性や選択肢に気づくのが得意だ

・すぐにインスピレーションを受けて、よいアイデアをたくさん思いつく

・この世には耳で聞き、目で見るよりもたくさんのものがあると知っている

・痛みを感じやすい

・ほかの人にとっては些細に思えることにさえ、打ちのめされてしまうことがある

・毎日、一人でいる時間が必要だ

・一人になって休憩する時間がないまま他人とずっと2、3時間以上も一緒にいなくてはならないと、疲れ果ててしまうことがある

・緊迫した空気が流れていると、その場から離れたくなる

・誰かの怒りを感じるとたとえ自分に向けられていなくても、ストレスになる

・ほかの人の痛みが自分の神経の奥深くに入り込んでくる

・不愉快な驚きや誤解を避けるために、いろいろと手を尽くす

・想像力がある

・ときどき、芸術作品をみていて喜びで胸がいっぱいになることがある

・大量の刺激にすぐに耐えられなくなってしまう

・遊園地ショッピングセンター・スポーツイベントといった非常に刺激の多いところに行くのが好きではない

・テレビなどで暴力シーンを観ると、その後何日間も影響されてしまう

・ほかの人よりも考えることに時間を使う

・動物や植物の状態を感知するのが得意

・美しい自然を見ると、心の中が歓喜の声でいっぱいになる

・常にアンテナを張っていて、周囲の人がどんな気持ちでいるか察知することができる

・良心が痛んで後ろめたい気持ちになったり罪悪感を抱きやすい

・仕事中に誰かに監督されてるとストレスを感じる

・真実が何かを見抜くのがうまく、ほかの人の欺瞞にもすぐ気づく

・すぐにびっくりしてしまう

・強い繋がりを持ち、深く交流できる

・ほかの人たちが不快に思わないような音もひどくいら立たしく思えることがある

・感が良い

・一人の時間を楽しめる

・流れに任せて即座に行動することはめったになく、たいていの場合、よく考えてから動く

・大きな音・強烈なにおい・鋭い光をひどく不快に思うことがある

・ときどき、穏やかに落ち着いたところで休憩する必要がある

・お腹がすいたり、寒いと感じたりしたとき、そのことがなかなか頭から離れない

・涙もろい

(引用:鈍感な世界に生きる敏感な人たち

 

いかがでしたか?もしかしたら自分はHSPかも・・・と感じられた方も、確信をもって自分はHSPだと感じられた方もいるのではないでしょうか。

中にはHSPだったとわかってショックを受ける人もいるかもしれませんが、悲観しないでください。

 

HSPの人は他人への共感能力だけでなく、状況・環境が整ったときに高い集中力や優れたアウトプットができるなどの能力を持っています。

 

自身のHSPの特徴や性質を理解して存分に活かすことさえできれば、他人とのコミュニケーションをより円滑に進められるようになりますよ。

 

 

HSPの理解が深まるおすすめ本10選

HSP 本 おすすめ

 

HSPの人が生まれ持った性質を活かしたり、苦しまないためにはHSPへの理解が欠かせません。

そこで、HSPに対する理解を深めることのできるおすすめ本を10冊厳選して紹介します。

 

鈍感な世界に生きる敏感な人たち

HSP 本 おすすめ

なぜこんなに音・におい・相手の表情が“気になってしかたがない”のか?
あなたは、「神経質」でも、「忍耐力がない」わけでもありません。
敏感さは、愛すべき「能力」です。

5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が
生きづらい世の中を‟敏感さを武器”に強く生き抜くヒント

 

HSPの臨床医による理論書で、HSPについて詳しく知りたいという方におすすめです。

理解を深めるだけでなく、HSPの人が抱えがちな心の問題や生活の中で感じる生きづらさへの対処法、HSPでない人との上手な付き合い方などが具体的・丁寧に紹介されています。

 

上記のHSP診断テストの内容を含む48問の質問で、あなたの敏感さを診断することができますよ。

生きづらいと自分を責めてしまいがちな人、自分の敏感さを知りたい人にぜひ読んで欲しい1冊です。

 

 

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

HSP 本 おすすめ

ささいなことでドキッとする、ちょっとしたことに過敏に反応してしまう…。

それは性格ではなく、性質のせいかもしれません。何事にも敏感に反応しすぎてしまうのが、「HSP(Highly Sensitive Person=非常に敏感な人々)」と呼ばれる性質。
ある調査では、生まれつき5人に1人がHSP性質だとわかっています。
HSPの人は周囲の出来事や環境の変化に過度に敏感に反応してしまうために、
生きづらさを感じたり、周囲の人から誤解を受けることも多々あります。
本書では、日本におけるHSPの数少ない臨床医である著者がHSPの特徴を解説しながら
「生きづらさ」を減らして生きていく具体的な方法を紹介します。

 

HSPについてよくわからない、イメージが持ちにくいという方に読んで欲しいのが、「敏感すぎる自分」を好きになれる本。

日本では数少ないHSPの臨床医である長沼睦雄さんによる著書です。

理論書と比べて読みやすい平坦な文章で書かれているため、HSPという言葉を知ったばかりという人におすすめの本ですよ。

敏感すぎる自分を好きになるためのヒントがいくつも紹介されているので、この本を読んだあとには自分に対する感じ方が変わっていることに気がつくはずです。

 

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

HSP 本 おすすめ

ちょっとしたことにも動揺してしまう神経質、臆病、引っ込み思案な人(The Highly Sensitive Person=とても敏感な人)、この本は、そんな敏感すぎるあなたのために書かれています。

とにかく「タフさ」「押しの強さ」「抜け目のなさ」が求められる世の中で、生きにくさを感じる繊細・過敏な人こそ、実は、天賦の才能に恵まれた特別な人なのです。

そんな彼らが「繊細すぎる自分」と折り合いをつけ、より良く生活していくためのアプローチを紹介します。

 

HSPの方であれば本書のタイトル『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』を見ただけでも少しドキッとしてしまうのではないでしょうか。

HPSを提唱したアーロン博士による書籍の訳本のため、内容も充実しており、深くしっかりと理解したいという方におすすめです。

翻訳に関して一部批判の声もありますが、本自体の内容とは別問題なので安心してください。

 

 

大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋

ちょっとしたひと言に傷ついたり、些細なことが気になったり、…自分は敏感すぎる、繊細すぎると思うことはありませんか?

それはあなたが、HSP(敏感な気質)だからかもしれません。HSPの人は、傷つきやすく敏感すぎる反面、豊かな感受性や内面世界をもっているのが特徴です。その気質に気づき、うまく付き合えば、もっと楽しくのびのびと生きていくことができるのです。

本書は、HSPの人が自分らしく生きていくための実践的な習慣や考え方を、処方箋としてわかりやすく紹介する一冊です。ありのままの自分でもっと豊かな人生を歩んでいきませんか?

 

上で紹介した『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』と同じ、HSPの臨床医による著書です。

HSPの方の気持ちを理解し、優しく寄り添うような文章で、生きづらさを解消するための19の処方箋(具体的な対処法)を紹介してくれますよ。

HSPであることを自覚した上で、自分らしく生きるためにどうすればよいか悩んでいる方におすすめの1冊です。

 

 

敏感にもほどがある

気になるものは、ずっと気になる。人類を絶滅の危機から救う!?HSP(敏感すぎる人)の困った日常。

HSP(敏感すぎる人)―5人に1人がもつ「高感覚気質」だった。

自身がHSPである著者が、自分の日常をわかりやすい4コマまんがと、イラスト(本人作)で紹介。
「この本で、「自分と似たようなやつがいるな」と、心の重荷を少しでも軽くしてもらえばうれしいです」-著者。

 

自身もHSPである作者による一冊。

HSPの人であれば、あるある!と分かりすぎるシチュエーションが4コマ漫画とイラストで紹介されています。

4コマ漫画やイラストが散りばめられていて他の理論書よりもはるかに読みやすい&イメージしやすいので、共感しながらHSPについて知っていきたいという方にはとくにおすすめですよ。

 

 

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法

「他人に優しくて、自分をいつも犠牲にしてしまう……」
「すぐに傷ついて、そんな自分や嫌い……」

あなたは幸せですか?
自分らしく生きられていますか?

3か月予約が取れない人気心理カウンセラーが
敏感すぎて、傷つきやすいあなたに
自分を大切にして自己肯定感をあげて、自分らしく生きられるようになる方法をお伝えします。

しかも“たった7日間”で。

こんなあなたは必読です。
・周りの顔色を常にうかがってビクビクしている
・他人の評価がきになってしょうがない
・相手にどう思われるか気になって言いたいこと(自分の意見)が言えない
・嫌われないために、なんでも頼まれたら引き受けてしまい、断れない
・人と会った後、どっと疲れてしまう
・自分の意見を求められると頭が真っ白になってしまう

 

短期間で効果を期待している方におすすめのHSP本です。

HSPの方は自分以外の他人を大切にしますが、実は自分を大切にしていないと言うことが少なくありません。

たったの7日間で自己肯定感をあげるというと、人によっては胡散臭さを感じるかもしれませんが、1日ごとに取り組むべき課題が提示されており、それを実行するだけで自然と効果が表れてきますよ。

 

ちなみに、1日ごとの課題は次のようなものになります。

 

1日目 今の自分に意識を向ける
2日目 過去を見つめなおす
3日目 過去の家族関係を見つめなおす
4日目 自己肯定感を高める
5日目 自分のペースで人間関係を築く
6日目 敏感であることを強みにする
7日目 自分が本当にしたいことを実現する

 

今現在HSPでつらい思いをしていて、少しでも早く改善したいと感じている方はぜひ読んでみてください。

 

 

ひといちばい敏感な子

5人に1人が、生まれつき「ひといちばい敏感な子」(Highly Sensitive Child=HSC)だといわれています。
敏感であるがゆえに、「泣きやまない、眠らない」「チクチクする服、いつもと違う味を嫌がる」「相手の気持ちによく気がつく」など、HSCにはさまざまな傾向があります。

他の子と違うわが子に、「この子はおかしいのでは……」「自分の子育てが間違っているのでは?」と悩む親は少なくありません。学校ではADHDやアスペルガーと誤解されてしまうこともあります。
本書は、多くの親が抱える子育ての悩みや疑問を、子どもの“敏感さ”という面から明らかにした、日本初のHSC解説本です。

著者は、アメリカの心理学者、エレイン・N・アーロン博士。翻訳は、精神科医で、スクールカウンセラーとしても活躍する明橋大二氏です。
「ひといちばい敏感な子」への適切な対応を、長年の診察と執筆経験を生かし、分かりやすく訳しました。
明橋氏は、450万部を突破している『子育てハッピーアドバイス』シリーズの著者。

 

小さなお子さんのいる親や、保育士や先生など職業として子どもと接する方におすすめのHSP本です。

幼児期や子どもの頃というのは、他人との関わり方や自分の表現の仕方を身に着けるとても大切な時期です。

本書では対象が子どもということで、HSPではなくHSC(Highly Sensitive Child)となっており、自分自身を改善するための本ではありませんが、子どもがHSPだった時にどのように向き合えばよいのかを教えてくれる貴重な一冊です。

 

 

敏感すぎる心がスーッとラクになる本

相手のことを気にして自分を出せない、他人の感情や気分に左右されやすい、暴力的なものは極力見ないようにする、光や音・においにとても敏感である、集団の中にいるととても疲れる、神経が高ぶって眠れないことがある、たくさんのことを一度にするのが苦手、変化に弱く新しいことに不安になる――。

そんな、あらゆることに過敏に反応してしまう気質を「HSP」(Highly Sensitive Person)といいます。
HSPは、生まれ持った気質であり、病気でも障害でもありません。

また、5人に1人がHSPだといわれています。そうした方々が、心をスーッとラクにし、生きづらさを解消するためには、どうしたらよいのでしょうか。

本書は、HSPの数少ない臨床医である著者が、その具体的な方法をわかりやすく紹介するものです。

 

自分がHSPであると知ると、ついあらゆる原因をHSPに求めてしまいがちです。

しかし現代社会では、生活の中でふと感じるイヤな感じ、人と関わった時に心に残るもやもやとした気持ちなど、実はHSPではない方にとっても生きづらさを感じることが多いです。

毎日の生活の中で感じる生きづらさを軽減・解消するために実践できる対処法が紹介されていますよ。

HSP本ではありますが、生きづらさを感じているすべての方におすすめの1冊です。

 

 

過敏で傷つきやすい人たち

敏感すぎる気質は自分で直せる!

決して少数派ではない「敏感すぎる人(HSP)」。

実は「大きな音や騒々しい場所が苦手」「話し声がすると集中できない」「人から言われる言葉に傷つきやすい」
「ストレスで胃が痛くなりやすい」「頭痛や下痢になりやすい」などは、単なる性格や体質の問題ではないのだ。

この傾向は生きづらさを生むだけでなく、人付き合いや会社勤めを困難にすることも。最新研究が示す過敏性の正体とは? 豊富な臨床的知見と具体的事例を通して、HSPの真実と克服法を解き明かす。

過敏な人が、幸福で充実した人生を送るためのヒントを満載。

 

 

心がつながるのが怖い 愛と自己防衛

前著『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』がベストセラーとなったデンマークの心理セラピスト、イルセ・サンの第二弾

心の奥底では愛情に満ちた関係を築きたいのに、
相手から遠ざかるような言動をとる人がいます。

関係が壊れて傷つくことを恐れるあまり、
最初から関係が深まらないようにしてしまうのです。

著者はそれを「自己防衛の戦略」と呼びます。
幼い頃に、親から十分に愛情を受けなかったことが原因で自己防衛の戦略は生まれます。
自分の感情と距離を置き、他者と距離を置くのが自己防衛の目的です。

大人になって心が強くなり、
もう自己防衛は不要になっているのに自動的に戦略が作動し、
自分の感情を感じず、他者と離れようとしてしまうのです。

著者は自己防衛の戦略について、豊富な事例とともに丁寧に解説します。
そして、自分の本当の感情に気づき、自分を受け入れ、他者を受け入れても大丈夫だと
読者に語りかけていきます。

人間関係に悩む人にとって、心が軽くなる一冊になるはずです。

 

 

HSPの人は自分の長所を知ることも大切

HSPとは 診断 本

 

HSPの人は注意が外に向きやすい&繊細過ぎるあまりに、自分の長所に驚くほど無関心な傾向があります。

周りの人から見れば明らかすぎるぐらい目立つ優れた長所を持っているのに、本人だけが知らずに長所を自覚していないということも少なくありません。

 

自己評価を過剰に低く見積もってしまいがちなHSPの人だからこそ、自分の長所をしっかりと自覚することができれば、自然と自信も湧いてきて些細なことにも動じなくなりますよ。

 

しかしながら、自分の長所を客観的に見るのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、グッドポイント診断です。

 

 

グッドポイント診断はリクルートが転職者に向けて提供している無料の長所診断サービスで、約300問もの設問に答えることで8568通りの結果からあなただけの長所を知ることができますよ。

 

自分でも気が付いていなかった長所を知ることができるので、HSPの方は一度試してみることをおすすめします。

 

無料であなたの長所がわかるグッドポイント診断

2018.04.29

 

HSPの特徴・診断テストとおすすめ本まとめ

HSPの特徴・診断テストとおすすめ本まとめ

・HSPとは、一般的な人よりも敏感・繊細な感覚を持つ人のこと

・病気・障害ではなく、生まれ持った能力

・共感能力に優れ他人の気持ちを人一倍察知できる

・HSPを認識できていないと生きづらさを感じたり苦しむこともある

・状況・環境が整えば高い集中力・優れたアウトプットを発揮できる

・HSPの人は自分の長所を客観的に知ることも必要